脱毛自己処理による炎症

季節の変わり目、特に暑くなって薄着になる季節に脱毛処理を考える人が多くなってきます。脱毛専門機関や医療機関、エステなどプロによる処理をする人たちは良いのですが、自己処理によって、皮膚が炎症を起こしてしまうケースも多くあります。

自分で処理をしようと考える多くの人は、カミソリやムダ毛を毛根から引っこ抜いたりすることが多く、これが炎症を起こすもとになっています。カミソリは何度も使うたびに刃がボロボロになったり、錆びたり、汚れが付いたりすることで、綺麗に剃れなかったりしてくるため、力任せに剃ってしまう人が多く、これによって、皮膚から出血したり、カミソリの汚れが毛根に入り、そこから炎症を引き起こすことが多くなります。カミソリでやる場合は、カミソリ自体をしっかりと消毒しなければなりませんが、普通一般に人では、なかなか難しいです。

ムダ毛を毛根から抜く人もいますが、無理やり抜いてしまうと、毛穴が広がってしまい、そこからばい菌が入り込み炎症などを起こして肌がボロボロになってしまうこともあります。開いた毛根にばい菌が入らないように、その後は何日かその部分を洗えなかったりとアフターケアがかなり必要となってきますが、普通一般にはとても難しい事です。

カミソリや抜くなど、自己処理すれば、一見すると費用が掛からず、良いと思われがちですが、それによって肌が傷んでしまうので、トータル的に考えると、プロにしっかりとケアしてもらった方が断然良いです。